特別企画について‐第4回 大臨技医学検査学会-

 

発表者、座長および司会者の方へ

1.一般演題演者の方へ

◆データ受付について

1 )発表データの受付は、PC受付にて行ってください。
2 )必ず発表セッションの30分前までに受付を行い、発表内容を確認してください。
3 )試写において持参いただいたデータおよびバックアップデータのいずれも動作せず修復できなかった場合は、スライドなしで発表していただきます。

 

◆発表データ作成について

1 )演題発表、質疑応答時間は以下のとおりです。

発表時間6 分 質疑時間3 分 合計9 分以内

発表時間は口演を開始したときからではなく、座長による演題紹介が開始されたときからとします。
時間厳守をお願いします。

2 )発表データの作成にあたっては、以下の事項に留意し、仕様に合致したデータの作成を行って
下さい。また、USBメモリを介して拡散するウイルスの被害が急増しています。
ご使用のUSBメモリ  はウイルスチェックを済ませたうえでご持参いただくようにお願いします。

3 )発表はすべて口演形式とし、スクリーンは一画面でパソコンによる発表となります。
発表者ツールはご使用いただけません。なお、パソコンはご自身で操作していただきます。

4 )発表データを作成いただく際、以下の点にご注意ください。

会場で使用するPCのOSおよびアプリケーションは以下のとおりです。

動作環境:Windows10 Core i5
アプリケーション:Microsoft Office H&B Power Point 2016

※Mac OSは使用できませんのでご注意ください。

解像度:4:3

・発表データのファイル名は【演題番号・氏名】としてください。

・利益相反(COI)の開示をお願いします。※下図参照《利益相反(COI)開示スライドの例》

・Power Point上で動画データを使用する場合はWindows Media Playerで動作する形式にて作成し
Power Pointのデータと共に同一のフォルダ内に保存してください。

・発表データに使用するフォントは、文字化けやレイアウトずれを防ぐため、特殊なフォントは
使用せずWindowsに標準搭載されているフォントの使用をお願いします。

・符号化や特殊な圧縮を使用したものは使用しないでください。

・スライドの枚数に上限はありませんが、発表時間を厳守して作成してください。

5 )発表データをお持ち込みいただく際、以下の点にご注意ください。

・発表データはUSBメモリにて、学会当日持ち込みとさせていただきます。

・発表データの持ち込みはご自身が講演されるセッション開始の30分前までにお願いします。

・受付時の混雑を避けるためにも、USBメモリ内には他の関係ないデータは保管しないでください。

・最終の動作確認は受付時に各自でお願いいたします。

・USBメモリは各自でウイルスチェックを行ったうえで、お持ち込みください。

・発表後のデータについては、学会の責任において、学会終了後全て消去いたします。

2.座長および司会者の方へ

1 )受付は特にございませんので、ご担当いただきますセッションの15分前までに、
直接会場にお越しください。

2)プログラムに支障の無いよう、時間厳守にて進行をお願いいたします。

 


学会事務局

〒543-0018
大阪市天王寺区空清町8-33 大阪府医師協同組合東館 4階
公益社団法人 大阪府臨床検査技師会

TEL:06-6763-5652 FAX:06-6763-5653

E-Mail:4thcomt@oamt.jp

 

<当日についてのお問い合わせ>
運営事務局

〒530-0001
大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル 5階
株式会社日本旅行 西日本MICE営業部内

TEL:06-6342-0212 FAX:06-6342-0214

E-Mail:sabs30_dairingi4@nta.co.jp