-学会長あいさつ -第3回 大臨技医学検査学会-


学会長あいさつ

 大臨技医学検査学会は、今年度で3回目になります。コンセプトは初回から一貫して「次世代の技師による次世代の学会」で行います。最新かつ重要な臨床検査情報を会員一人ひとりが共有し、本学会のセミナーや共同企画を通じて、学術的に留まらず機能的にも視野をさらに広げる機会となることを願っています。
 会員皆様の学会当日の参加はもちろん、学会に対していろいろなアイディアやご意見を賜り、会員皆様が楽しんでいただける学会を企画しますので、よろしくお願いいたします。

社会医療法人きつこう会多根総合病院 竹浦 久司

 

 実行委員長あいさつ

 第3回大臨技医学検査学会の実行委員長を拝命いたしました、大阪市立大学医学部附属病院の上野信弥と申します。
「若手技師による学会」をコンセプトに始まった本学会も第3回を迎えることが出来ました。今大会も20代、30代の若手技師を中心に、前回、前々回に負けないよう鋭意準備を進めております。
 今大会のテーマは「めざせ次世代型検査技師~臨床検査の可能性~」です。臨床検査技師、特に我々若手技師が「考えなければいけない事」や「知っておいた方がよい事」を中心に企画を考えております。
 若手技師のみならずベテラン技師の方にもお楽しみいただけるような企画を考えておりますので、是非ご参加下さい。特に、今まで発表経験のない若手技師の方々にはこの学会を初めての発表の場として利用していただき、これからのご活躍の第一歩としていただくと共に、一緒に本学会を盛り上げていただければ幸いです。

 

大阪市立大学医学部附属病院 上野 信弥