演題募集要項/発表形式 -第2回 大臨技医学検査学会-


・学会開催にあたり、一般演題を募集いたします。
・募集演題は20題です。
・発表はすべて口演になります。(発表6分 質疑応答3分)
・詳細は下記を参照してください。

演題受付期間
平成29年9月11日(月) ~ 10月13日(金)
 延長しました
⇒11月10日(金)まで!!

演題受付は終了いたしました。

沢山のご応募ありがとうございました。

 

 

Ⅰ 一般演題の申込み資格

  1. 一般演題の筆頭者・共同発表者は、原則として大臨技会員かつ日臨技会員または大臨技登録学生に限ります。共同発表者は筆頭者を含め7名以内です。
  2. 共同発表者の抄録掲載料は、会員・非会員問わず無料です。

Ⅱ 演題の申込み方法

①一般演題の登録方法

日臨技総合情報システム(JAMTIS)を利用したWebによる演題申込みのみ受付します。郵送による申込みは受付できません。Webによる演題申込みには会員パスワーが必要です。会員証送付時のハガキに記載してある各自のパスワードを事前に確認してください。
演題申込み先:一般社団法人 日本臨床検査技師会ホームページ

URL:http://www.jamt.or.jp/

②発表分類

Web登録時、希望する発表分類は必ず下記の分類から選択してください。

01:微生物 02:免疫血清 03:血液 04:臨床化学 05:病理 06:細胞
07:生理 08:一般 09:公衆衛生 10:輸血 11:情報システム
12:遺伝子 13:管理運営 14:教育 15:チーム医療 16:その他
※抄録原稿は25字×18行×2段組=900字以内になります。

③ 原稿受領等の通知ついて

受領メールは、演題・抄録登録(変更)時に自動送信されます。受領メールが届かない場合はメールアドレス・登録手順を確認してください。数日経過しても届かない場合は、お早めに大臨技医学検査学会事務局へお問合わせください。また日時・会場・発表形式は、後日電子メールにて通知します。

④ 大臨技登録学生の演題登録方法

発表筆頭者が大臨技登録学生の場合は、大臨技会員かつ日臨技会員である共同発表者が入力を行ってください。Ⅱ-①演題の申込み方法をご参照ください。

Ⅲ 原稿受領等の通知について
「原稿受領」、「採否」、「発表日時・発表会場」等は電子メールで通知します。

Ⅳ その他
1.演題の採否、発表分野、発表会場、発表時間等の決定は学会事務局に一任させていただきます。
また、演題の応募超過の場合は、選定になりますのであらかじめご了承ください。

2.やむを得ない事情で予定を変更する場合がありますので、大臨技ホームページにて案内を随時ご確認ください。

3.演題申込みに対する問合せ先

第2回大臨技医学検査学会事務局
E-mail :2ndcomt@oamt.jp

※お願い※
お問合わせの際は、お名前と施設名を明記のうえ送信いただけますようお願い申しあげます。

 

Ⅴ 一般演題演者の方へ

【データ受付について】

1 )発表データの受付は、12階PC受付にて行ってください。

2 )必ず発表セッションの30分前までに受付を行い、発表内容を確認してください。

3 )試写において持参いただいたデータおよびバックアップデータのいずれも動作せず修復できなかった場合は、スライドなしで発表していただきます。

【発表・討論時間について】

1 )演題発表、質疑応答時間は以下のとおりです。

発表時間6 分 質疑時間3 分 合計9 分以内

発表時間は口演を開始したときからではなく、座長による演題紹介が開始されたときからとします。時間厳守をお願いします。

2 )発表データの作成にあたっては、以下の事項に留意し、仕様に合致したデータの作成を行って下さい。また、USBメモリを介して拡散するウイルスの被害が急増しています。ご使用のUSBメモリはウイルスチェックを済ませたうえでご持参いただくようにお願いします。

3 )発表はすべて口演形式とし、スクリーンは一画面でパソコンによる発表となります。

なお、パソコンはご自身で操作していただきます。

4 )発表データを作成いただく際、以下の点にご注意ください。

会場で使用するPCのOSおよびアプリケーションは以下のとおりです。

動作環境:Windows7 Core i3

アプリケーション:Microsoft Office H&B Power Point 2013

※Mac OSは使用できませんのでご注意ください。

解像度:4:3

・発表データのファイル名は【演題番号・氏名】としてください。

・利益相反(COI)の開示をお願いします。

・Power Pointに搭載されているアニメーション機能は原則禁止とさせていただきます。

・Power Point上で動画データを使用する場合はWindows Media Playerで動作する形式にて作成しPower Pointのデータと共に同一のフォルダ内に保存してください。

・発表データに使用するフォントは、文字化けやレイアウトずれを防ぐため、特殊なフォントは使用せずWindowsに標準搭載されているフォントの使用をお願いします。

・符号化や特殊な圧縮を使用したものは使用しないでください。

・スライドの枚数に上限はありませんが、スライドのファイル容量は100MB以内とし、発表時間( 6 分)を厳守して作成してください。

5 )発表データをお持ち込みいただく際、以下の点にご注意ください。

・発表データはUSBメモリまたはCD-Rにて、学会当日持ち込みとさせていただきます。

・発表データの持ち込みはご自身が講演されるセッション開始の30分前までにお願いします。

・受付時の混雑を避けるためにも、USBメモリ内には他の関係ないデータは保管しないでください。

・最終の動作確認は受付時に各自でお願いいたします。

・USBメモリは各自でウイルスチェックを行ったうえで、お持ち込みください。

・発表後のデータについては、学会の責任において、学会終了後全て消去いたします。