大臨技データ標準化サーベイ

■ 目的

日臨技は平成23年度より、標準化されかつ精度が十分に保証されていると評価できる施設に対し精度保証施設として認証する制度が始まりました。この制度は国民の保健衛生に貢献するため、各検査室の精度保証に対する意識を高め、検査成績の標準化を進展させていくことが医療の質向上に寄与できるものと考えています。

大臨技においてもこの趣旨をふまえ、標準物質が設定されている項目、および標準的な健診、保健指導プログラムで取り上げられている項目を対象として精度管理調査を行い、データ標準化を推進していきます。 多くの施設のご参加をお願い申し上げます。

■ 臨床検査データ標準化推進項目

臨床化学
(含窒素成分)TP, Alb, T-Bil, UN, Cre, UA
(電解質)Na, K, Cl, Ca, IP, Fe
(脂質)TC, HDL-C, LDL-C, TG
(酵素)AST, ALT, LD, ALP, GGT, CK, AMY, ChE
(糖質)Glu, HbA1c
免疫 CRP
血液 RBC, WBC, Hb, Ht, PLT, MCV

■ 調査試料

ヒト由来のプール血清及び新鮮血液を用います。

■ 参加費用

3,000円
なお、ウェットケミストリーとドライケミストリーの両測定法での参加施設については5,000円とさせていただきます。

振り込み用紙は4月号大臨技ニュースとともに配布いたします。紛失または入手されていない場合は大臨技事務所までお問い合わせ下さい。

JAMTQCへの参加登録および参加費の振り込みをもって参加登録完了とします。また振込用紙には「標準化サーベイ参加費」と明記いただき、必ず施設名、住所、登録者名をご記入ください。またJAMTQCへ参加登録した後に参加費をお振り込みください。参加費の振り込みだけではサーベイには参加できません。

■ 精度管理調査実施予定日

平成29年 6月 5日(月) (終了しています)

■ 参加方法

例年同様、4月1日より4月30日までに日本臨床衛生検査技師会ホームページ(http://www.jamt.or.jp/)にて受け付けます。日臨技精度管理調査のJAMTQC 参加者施設向けシステムで施設番号とパスワードを入力してください。事務メニューの精度管理タグから必要事項を入力しお申込みください。

パスワードは日臨技精度管理調査と同じです。パスワードを忘れた方、不明な方は同画面の施設パスワード発行申請を行ってください。日臨技より郵送されます。

■ 結果(報告書)について

本事業に参加された施設の方々は、下記のページにて結果をダウンロードすることができます。データ登録時に用いた IDとパスワードを使ってログインしてください。

平成27年度~平成29年度の結果がダウンロード可能です。

大臨技データ標準化事業 結果報告ページ