大臨技データ標準化(平成28年度)

■ 目的

日臨技は平成23年度より、標準化されかつ精度が十分に保証されていると評価でき る施設に対し精度保証施設として認証する制度が始まりました。この制度は国民の保 健衛生に貢献するため、各検査室の精度保証に対する意識を高め、検査成績の標準化を 進展させていくことが医療の質向上に寄与できるものと考えています。

大臨技においてもこの趣旨をふまえ、標準物質が設定されている項目、およ び標準的な健診、保健指導プログラムで取り上げられている項目を対象として精度管理調査を行い、データ標準化を推進していきます。 多くの施設のご参加をお願い申し上げます。

■ 臨床検査データ標準化推進項目

臨床化学
(含窒素成分)TP, Alb, T-Bil, UN, Cre, UA
(電解質)Na, K, Cl, Ca, IP, Fe
(脂質)TC, HDL-C, LDL-C, TG
(酵素)AST, ALT, LD, ALP, GGT, CK, AMY, ChE
(糖質)Glu, HbA1c
免疫 CRP
血液 RBC, WBC, Hb, Ht, PLT, MCV

■ 参加費用

3,000円
なお、ウェットケミストリーとドライケミストリーの両測定法での参加施設については5,000円とさせていただきます。

■ 精度管理調査実施予定日

平成28年 6月 6日(月) (終了しています)

■ 参加方法

昨年同様、4月1日より4月30日までに日本臨床衛生検査技師会ホームページ(http://www.jamt.or.jp/)から臨床検査精度管理調査の都道府県精度管理調査よりWeb登録をお願いします。

日臨技会員でない施設でも仮登録にて参加可能になります、但し今年度からご参加をを検討されている施設は日臨技に事前登録が必要となります。登録方法は、大臨技事務所にお問い合わせいただくか、大臨技ホームページに掲載しますので、参加予定施設におかれましては、ご確認をお願いします。

■ 結果(報告書)について

本事業に参加された施設の方々は、下記のページにて結果をダウンロードすることができます。データ登録時に用いた IDとパスワードを使ってログインしてください。(現在、平成28年度の結果がダウンロード可能です)

大臨技データ標準化事業 結果報告ページ