Dairingi icon >  大臨技TOP > 臨床検査Q&A Index >  臨床検査Q&A Q68
Last Update : 2003.11.07

髄液中のアルブミン高値は?

Question 68

 髄液中のアルブミンが、正常 10-35 mg/dlと比較して高値となる場合(145 mg/dl)どのような状況が考えられるのでしょうか。

Answer

髄液中の蛋白の組成のほとんどは血清に由来しています。
また、一部は中枢神経組織内で産生されているとの報告もあります。
以下に髄液中の蛋白の増加原因とそれに関連する疾患について示します。

1.血清蛋白の増加(多発性骨髄腫など)
2.血液脳関門の破壊・透過性亢進による血清蛋白の移行(髄膜炎、ギラン・バレー症候群など)
3.中枢神経組織内での免疫グロブリン産生(多発性硬化症、脳炎など)
4.出血による血中蛋白の混入(脳出血、くも膜下出血、脳腫瘍など)
5.髄液の循環阻害(脊髄腫瘍など)

参考文献 (社)日本臨床衛生検査技師会:髄液検査法2002,2002

(社団法人 大阪府臨床検査技師会 学術部)



前へもどる   Indexへもどる   次へ行く

 Copyright (C) 2003 Osaka Association of Medical Technologists. All rights reserved.
wwwosaka icon