Dairingi icon >  大臨技TOP > 臨床検査Q&A Index >  臨床検査Q&A Q63
Last Update : 2003.10.9

造影剤投与後の臨床検査値への影響

Question 63

 医療施設に勤務しておりますが、下記について納得のゆく答えが見出せずにおりますので、お尋ねします。

 血液検査の前には、食事内容が検査結果に与える影響を考慮して、一定時間の絶(飲)食をしてもらいます。点滴等の静脈内注入も、影響があるとして、採血部位はできるだけ点滴針刺入部から離れた部位を選択しています。

 では、採血前に、造影剤を飲んでいたり、静脈その他に注射されていたりした場合、検査結果に何らかの影響は及ぼさないのでしょうか。

 もし影響を及ぼす可能性があるなら、同じ日に複数の検査を予約された方には「最初に採血を済ませておいてください。」と説明できますし、「今、放射線検査前の造影剤注射を受けてきた。」「バリウムを飲んだ後だ。」という方には、根拠ある説明とともに、どれくらいの時間を空ければよいかを伝えることができるので、是非教えていただきたいと思います。よろしくご指導ください。

Answer

 造影剤には,X線造影剤・MRI造影剤・超音波造影剤があるが,一般的には,X線造影剤・MRI造影剤が対象になると思います。

 造影剤の影響は,検査部位,投与量などにより多少異なりますが,AST・ALTの上昇,ビリルビンの上昇などが見られるようです。ただし,副作用の発現件数(%)での記載のため投与後の時間,検査値の上昇の程度などは不明です。

 MRI造影剤として使用されるオムニスキャンの臨床検査値異常変動の発現件数一覧では,血液一般検査,血液生化学検査で1%前後の発現件数です。

 基本的には,診療科もしくは放射線科と連絡を取り,造影剤投与前に採血することが望ましいと思いますが、造影検査後であっても,静脈内あるいは動脈内に注入された造影剤は,短時間で速やかに腎臓に到達し尿中に排泄されることからほとんど影響ないと思われます。可能であれば,各施設で使用している造影剤の概要情報リストを取寄せておかれると参考になると思います。

参考資料1.日本シエーリング株式会社 造影剤要覧 第21
参考資料2.オムニスキャン 概要情報リスト

(社団法人 大阪府臨床検査技師会)



前へもどる   Indexへもどる   次へ行く

 Copyright (C) 2003 Osaka Association of Medical Technologists. All rights reserved.
wwwosaka icon