Dairingi icon >  大臨技TOP > 臨床検査Q&A Index >  臨床検査Q&A Q62
Last Update : 2003.9.21

細菌検査の検体採取

Question 62

 当院の検査科では、下記業務を検査技師が行なっています。

1)咽頭培養の際の、咽頭ぬぐい液の採取
2)便培養の際の、肛門から直接便を採取する

 上記業務を、院内での業務の効率や場所などの都合により検査科で技師がおこなっています。そこで今まで気になっていたんですが、検査技師が上記業務を行なっても法的には問題は無いんでしょうか?

 現在、リスクマネジメントマニュアルや業務マニュアルなどの作成中です。このまま、できれば検査科で続けて行きたいと思いますので、良いアドバイス・助言、ご意見などが有れば、是非教えて下さい!よろしくお願いします。

 また、一応院長などからは、「このまま続けてもいいんじゃないかないか」と言う了解は口頭では取れています。

Answer

 1)、2)ともに現在の法律下では、医行為に属すると考えられますゆえ法的には違法ということになるでしょう。当然のことながら、事故、過失等が生じれば技師の責任も問われることになると考えられます。

 しかしながら、今までにも回答しましたように各施設内でのコンセンサス、臨床医との合意および責任の所在を明確にすれば実施しても良いのでは?特に、貴施設では院長も了解していることなので、充分に安全対策を施して行われば良いと思われます。

(社団法人 大阪府臨床衛生検査技師会)



前へもどる   Indexへもどる   次へ行く

 Copyright (C) 2003 Osaka Association of Medical Technologists. All rights reserved.
wwwosaka icon