Dairingi icon >  大臨技TOP > 臨床検査Q&A Index >  臨床検査Q&A Q48
Last Update : 2002.10.17

認定輸血検査技師の資格取得について

Question 48

 今後、認定輸血検査技師の資格を習得しようと考えています。
 受験資格のひとつに生涯教育の所定の単位の取得とありますがどのような
研修会・学会への参加が必要でしょうか?
 そのとき参加証明書をもらっておく必要があるとのことですが、その参加
証明書はどのようにすればもらえるのでしょうか?

(匿名)

Answer

 医学検査の2001年12月号(Vol.50 NO.12)に2002年度の申請の手引きが載っていますので、
詳細はそちらを参照して下さい。

 2003年度の申請の手引きは、おそらく今年度の12月号前後に掲載されると思います。若干
の変更点があるかもしれません。
 学会参加の証明は、日本輸血学会、臨床検査技師学会、臨床検査医学会(地方会も含む)で、
学会参加時に受け取る参加証が必要です。

 講演会、研修会の参加証明につきましては、大臨技の場合、輸血部会主催の行事のときに、
資格審査申請用の用紙を受付けにおいていますので、そこに必要事項を記入していただき、
講演会等終了後検印を受けていただくようにしています。

 年度ごとに一枚の用紙を使用し、その後の参加行事の分も全部記入していきます。それを
年度末に返信用封筒とともに技師会事務所に郵送します。

 技師会ではその用紙に公印を押して返送しますので、それが出席証明となります。なお、
事務処理に時間がかかる場合がありますので早めにお送り下さい。
 他府県の輸血関連の技師会行事にも同じ用紙で同様に検印を受けることが出来るはずです。

 なお、最近は資格審査申請用紙として統一していますが、以前発行された事業参加証等の
参加証明書は、本人氏名が確認できて、技師会・輸血検査部会・輸血検査研究研究班等の公
印が押されているものは、そのまま証明書として使用できます。


(社団法人大阪府臨床衛生検査技師会学術部輸血検査部会 金光 靖



前へもどる   Indexへもどる   次へ行く

 Copyright (C) 2002 Osaka Association of Medical Technologists. All rights reserved.
wwwosaka icon