Dairingi icon >  大臨技TOP > 臨床検査Q&A Index >  臨床検査Q&A Q45
Last Update : 2002.10.12

Rosin法(尿中ビリルビン検出)試薬の作り方について

Question 45

 尿の定性は自動化(アトラス)されていますが、ビリルビンの偽陽性の確認のため、
Rosin法をやってます。
 試薬は提要に沿って作りましたが、陽性に出るべきものが出ないので、作り方の
ポイントや他の良い方法があればぜひ教えてください。

(匿名)

Answer

 Rosin法のポイントとしては、

 1.被検尿に5%酢酸3〜5滴を加え酸性にする
 2.試薬を加えた後、軽く振って10%ヨードチンキと被検尿の接触面を大きくすると
   反応の緑色環が増強する

 の2点と思われます。

 他の方法として当院ではRosin法の他にバイエルメディカル社のイクトテスト(試験紙
法よりも感度が鋭敏)という試薬を使っています。
 また尿検査データだけではなく生化学データなども参考にするのが良いと思われます。

 参考文献 カラーアトラス尿検査.月刊Medical Technology別冊,1995


(社団法人大阪府臨床衛生検査技師会 学術部 一般検査部会 佐々木正義



前へもどる   Indexへもどる   次へ行く

 Copyright (C) 2002 Osaka Association of Medical Technologists. All rights reserved.
wwwosaka icon