Dairingi icon >  大臨技TOP > 臨床検査Q&A Index >  臨床検査Q&A Q38
Last Update : 2002.06.17

細胞分類はどこまで?

Question 38

 細胞分類はどのくらいのレベルまで必要なのでしょうか?現在は単核と多核に分類しています。

Answer

 分類に関しては、第1の目的が細菌性髄膜炎と他の原因による髄膜炎とを鑑別するということから多核球(好中球)と単核球(リンパ球・単球・組織球)の2分類を臨床側に速やかに報告することが重要であると思われます。

 その上で細胞が多数見られる場合にはギムザ染色などによる塗抹標本を作成し、細胞の観察・鑑別を行うのが望ましいと考えます。

参考文献

  • 大田喜孝:一般検査における髄液細胞の見方.検査と技術28:349-357,2000

(社団法人 大阪府臨床衛生検査技師会 学術部一般検査部会 佐々木正義



前へもどる   Indexへもどる   次へ行く

 Copyright (C) 2002 Osaka Association of Medical Technologists. All rights reserved.
wwwosaka icon