Dairingi icon >  大臨技TOP > 臨床検査Q&A Index >  臨床検査Q&A Q37
Last Update : 2002.06.17

リコールの希釈におけるサムソン液の利点

Question 37

 現在、リコールの希釈はパッペンハイムでしています。(細胞数と細胞分類) しかし、パッペンハイムでは分類がわかりにくいので、希釈液を他のもにしよう!という意見が検査室内で出ています。

 サムソン液のどういう点がよいのか教えていただけないでしょうか?

Answer

 パッペンハイム液と比較してのサムソン液の利点に関しては、以下のような点があげられます。

  • 赤血球がより溶血しやすい
  • 核内にサムソン液に含まれるフクシンの入っていく速度が速い
  • 核と細胞質の染め分けが明瞭である

 なお、今年夏に発表される「髄液検査法2002」ではサムソン液での染色が標準化法となります。

(社団法人 大阪府臨床衛生検査技師会 学術部一般検査部会 佐々木正義

 今回の回答は、髄液検査法編集ワーキンググループ委員長の大田喜孝先生(聖マリア病院中央臨床検査部技師長)に教えて頂きました。ありがとうございました。



前へもどる   Indexへもどる   次へ行く

 Copyright (C) 2002 Osaka Association of Medical Technologists. All rights reserved.
wwwosaka icon