Dairingi icon >  大臨技TOP > 臨床検査Q&A Index >  臨床検査Q&A Q7
Last Update : 2004.04.26 (First Update : 1999.01.05)

臨床検査技師の学歴

Question 7

 臨床検査技師は国家資格のいるものなんですが、それならば、学歴はあまり関係ないのでしょうか? 4年制大学をでても、専門学校をでても同じですか?

Answer

 臨床検査技師になるためには、厚生大臣が行う臨床検査技師国家試験に合格する必要があります。国家資格を取得してはじめて、患者さんの心電図検査、脳波検査、筋電図検査、超音波などによる画像検査および検査のための採血などの業務を行うことができ、また、臨床検査技師の名称を用いて、血液などの検査を行うことができるのです。

 資格を取得するためにはつぎの方法があります。

 高校を卒業と同等の学歴を有するか、あるいは大学受験資格を取得後、1.専門学校(昼3年、夜4年)・医療系短期大学で指定科目を履修後卒業し、国家試験(年1回実施)に合格する。2.保健・衛生学部、薬学部、家政・栄養学部、理学部のうち臨床検査技技師養成コースのあるところで指定科目(厚生大臣指定17科目)を履修後、国家試験に合格する。3.医学部・歯学部・獣医学部を卒業後、厚生大臣指定5科目を履修し、さらに国家試験に合格する。

 近年の国家試験受験者数をみますと、1の方法、または、2のうち、保健・衛生学部を卒業する方法により、受験資格を得た人の割合が高くなっています。

 どの方法であっても、最終的に受験しなければならない臨床検査技師国家試験は同一(10科目200題)です。この点において、学歴は関係ありませんし、取得後の資格も同一です。

(大阪府立看護大学医療技術短期大学部 近藤 弘



前へもどる   Indexへもどる   次へ行く

 Copyright (C) 1999-2004 Osaka Association of Medical Technologists. All rights reserved.
wwwosaka icon