Dairingi icon >  大臨技TOP > 臨床検査Q&A Index >  臨床検査Q&A Q4
Last Update : 2004.04.26 (First Update : 1999.01.05)

輸液と採血部位の関係

Question 4

 採血部位について、お聞きしたいことがあります。

 両方の前腕部に点滴ルートが入っている時など、その刺入部より末梢で採血すれば(手背など)検査結果に、影響はないのでしょうか?影響が出ると言う意見と、刺入部より末梢なら問題ないのでは、と病棟で意見が別れています。

 その時採血した前腕には、生食500x1、24hで留置されその、手背より採血しましたが、破棄され足背より、取りなおししました。治療を左右するほど、影響が出るのでしょうか?ご意見をお聞かせください。

Answer

 点滴中の患者の場合は、どの血管から採血しても輸液の影響を完全に回避出来ないことを知っておくべきです。

 したがって輸液の混入を出来る限り少なくするように点滴刺入部から離れた部位から採血する。それが生食であっても輸液の一種ですから、その影響の少ない部位から採血するようにする。

 ご質問の両方の前腕部に点滴ルートに入っている時は、やはり点滴に刺入部から出来る限り離れた部位から採血する方が良策です。治療を左右するほど影響するかとのことは項目にもよって異なると思います。

(国立循環器病センター 臨床検査部 片山 善章



前へもどる   Indexへもどる   次へ行く

 Copyright (C) 1999-2004 Osaka Association of Medical Technologists. All rights reserved.
wwwosaka icon